床暖房シートのタイプってどうなの?

2022年5月2日

床暖房シートのタイプってどんなのがあるの?

Advertisements

床暖房シートは電気式で温めるタイプです。

Advertisements

床暖房シートは、厚みが1ミリ以下のシートを
フローリングの下に敷く床暖房で、電気を使って床を暖めます。

電気式は変わらないのですが、面上発熱タイプ、コードヒータタイプ、
また、温める部分が銅板タイプや錫メッキ処理銅板タイプとさまざま。

まだ、発展途上と言える床暖房システムと言えます。

ポイントは、発熱効率とスパークによる火災発生防止機能です。

なので、発熱効率と火災発生防止機能が付いているタイプを確認すると、
安全でエコな床暖房シートが見つかると思います。

 

床暖房シートの良いとこ悪いとこ

Advertisements

床暖房というととても工事費がかかるイメージがありますが、
床暖房シートはそのイメージを変える画期的な方法です。

なので、リフォームにはぴったりなんです。

たとえば、リビングだけとか、ダイニングとキッチンだけ床暖房を入れたいなど、
一部分だけ床暖房を入れたい、しかも、あまり予算を掛けたくないにはぴったりです。

そんな時におすすめなのが、電熱線ヒーター式の床暖房シートの床暖房です。

必要な大きさのシートを組み合わせるだけで範囲調整がしやすく、
設置工事も簡単なので工賃があまりかからないのがいいですね。

Advertisements

なので、リフォームなど
「リビングの一部だけ床暖房を入れときたいな」と言った、
少ない面積だけ床暖房を入れる時にぴったりな床暖房シートと言えます。

ただし、床暖房シートは広い面積に使用するのにはあまり向いていません。

理由は、使用コストが高くなり設置費用も高くなってしまうんですね。

まとめると、
床暖房シートは小さい面積には小回りが効きますが、
広さを取るとコストが掛かかるので、
広いと結果的に、電気で暖めるので電気代も掛かってきますね。

床暖房シートは小さい面積の時に使うのが最適と言えます。

 

床暖房シートの工事価格、ランニングコストはどれくらい?

Advertisements

メーカーは公開できませんが1例として考えてください。

●フローリングサイズ
635mmx2420mm サイズ
工賃 163,000円くらい
ランニングコスト 635円/月

●6畳サイズ
1902mmx2540mm サイズ
工賃 290,000円くらい
ランニングコスト 1862円/月

●10畳サイズ
2450mmx3114mm サイズ
工賃 435,000円くらい
ランニングコスト 3104円/月

ランニングコストだけを見ると、石油ヒーターやパネルヒーターより安く済みそうです。

 

まとめ

Advertisements

床暖房シートは、お部屋の空気を汚さないので、
赤ちゃんや、お年を召した方がいるご家庭には最適と言えます。

でも、どうしても工事費、ランニングコストがかかるので、
お財布と相談ですね。

Advertisements
Advertisements