気になることをガンガン調査してガンガン書きました!

気になることをガンガン書いていきます。あなたのお役に立てればこれ幸い!

病気 花粉症 花粉皮膚炎

花粉で肌荒れがつらい!!治す方法はないの?!

投稿日:

スポンサーリンク

花粉で肌荒れがつらい!!

花粉で肌荒れ症状が出るのは、花粉皮膚炎っていうやつです。

何でもかんでも、花粉症の時期に花粉のせいにするのはと思うかもしれませんが、実際に花粉皮膚炎があるので間違いないです。

とすれば、花粉皮膚炎を改善する方法って何かないのか?

スポンサーリンク

そんな花粉皮膚炎で悩んでいる方に役立ちそうなお話をまとめてみます。

そもそも花粉皮膚炎とは?何でしょうか?

春の時期は、自然に起こる1年の中でも花粉の飛散種・飛散量が多い時期ですね。

花粉が原因でからだがアレルギー反応を起こしてしまい、目がかゆくて、目をこすったり、風邪でもないのに、鼻を一日中かんだりというような、お肌に対して、手やティッシュなどで、摩擦動作をすることで、「花粉皮膚炎」になります。

しかも、運悪く、春の時期は特に気候や温度変化が大きいので乾燥しています。

そのタイミングと重なるので、余計、花粉皮膚炎が悪化してしまいます。
さらに、3月頃からは紫外線量もどんどん増加してくるので、あなたのお肌への負担がどんどん大きくなっていきます。

つまりは、皮膚のバリア機能が低下して、「花粉皮膚炎」をさらに加速させていく時期になってしまいます。

症状としては、顔全体がかゆい、顔が腫れぼったい、肌が乾燥して粉っぽくなるなどで、「花粉皮膚炎」は深刻な肌トラブルとなっています。

こんな症状は「花粉皮膚炎」の可能性が高いです!!

1、花粉皮膚炎は肌のバリア機能の低下、炎症(赤みや粉吹き)が起こっている状態です。

こんな症状がみられる方は花粉皮膚炎の可能性が高いです。

2、目の周り・鼻の周りなどの肌の色が他の場所と違う

ニキビのような赤い細かいブツブツ(湿疹)が出ているマスクが肌と擦れる部分がヒリヒリするところどころ白く粉吹きが見られる、どれも肌の「バリア機能」が低下して起こる症状。

盛んな時期はメイクもできず、基礎化粧品すら痛くてつけることができません。

ここまで来ると、皮膚科を受診して、お薬をもらってください。

つらい症状でストレスになり、体調不良になりかねません。

“花粉症による肌荒れ”で約9割以上の女性が苦しんでる!?

花粉症の女性にアンケート調査を行った情報を調査すると、花粉症の時期に肌荒れで悩んでいる方が約9割との結果があるそうです。

トラブル別でみると・・・・

・上位は「かゆみが出る」(25%)

・「乾燥する(粉っぽくなる)」(15%)

・「化粧のりが悪くなる」(13%)という結果になっていました。

しかも、6割の女性が肌あれに対して専門家に相談したいと思っているけど、実際に相談したことがある人は28%しかなく、ほとんどが、自己判断でスキンケアをしているようです。

実は、うすうす感じて入ると思いますが、前もってケアを始めることで、お肌の症状も緩和されやすいため、早めに専門家に相談や適切なケアすることが重要です!

ほとんどのかたは、花粉症対策として、3割以上が症状が出てから。

しかも、「マスクやゴーグルなどの着用」による防御が主流になっています。

じゃぁ花粉症の対策って何が適切?!

「実践している花粉症対策を教えてください」というアンケート結果で最も多かった回答は?

1、「マスクやゴーグル、花粉が付着しづらい素材の衣服の着用」(25%)、

2、「目薬や鼻炎薬、抗アレルギー薬など市販薬の服用」(22%)となりました。

やはり、マスクが有効と考えているようです。それにあわせて、マスクの性能も毎年向上していますのでチェックしておくのも良いですね。

花粉症の対策時期

「毎年、何月くらいから花粉症対策を始めますか?」という質問の回答としては。

「花粉症の症状が出てから」が30%以上を占めました。

花粉症対策は、飛散が始まってからでは遅く、早期に対処することが効果を最大限に引き出すと言われていても、前もって予防はほとんど行われていないのが現状です。

花粉症で肌に症状がでる方約9割!肌症状は、「かゆみ」、「乾燥」、「化粧のりがわるくなる」。

花粉症肌の症状

花粉症の時期のお肌について質問したところ、約9割の人が肌に症状がでると回答。

1、「かゆみが出る」(23%)

2、「乾燥する(粉っぽくなる)」(15%)

3、「化粧のりが悪くなる」(13%)というお悩みでした。

花粉で肌トラブルが起きる理由は、花粉により身体がアレルギー反応を起こした結果、目をこすったり鼻を一日中かんだりというような摩擦行為をすることでお肌に負担がかかるということ。

さらに、春先は気温や湿度が変化しやすく、乾燥しやすい時期であるため、お肌のバリア機能が低下し肌あれを起こしていると考えられています。

これだけではないんです。

肌あれだけではない!普段のメイクにも支障が出てきます!?

花粉症時のメイクのり

それでは、美容面についてはどんなお悩みをもっているのでしょうか。

1、「鼻のかみすぎで、鼻の周りが赤くなったりひりひりしたりする(26%)、
2、「目のかゆみや涙によるアイメイクの崩れる」(18%)、
3、「顔全体の肌あれ」(15%)

と肌荒れだけでなくメイクに対する悩みを持つ女性が多いことが分かります。

花粉症の時期、スキンケアに求めることは「高い保湿力」と「敏感肌用」。

花粉症のときの美容問題

花粉症時期のスキンケアで気をつけていることを質問したところ、

1、「必要以上に肌に触ったりこすったりしないように気をつける」(20%)

2、「敏感肌用の化粧品を使う」(13%)

3、 「より保湿力が高い化粧品を使う」(11%)という回答が続きました。

スポンサーリンク

敏感なお肌の状態の際にはメイクやスキンケアは控えたり、「高い保湿力のあるスキンケア」や「敏感肌用のスキンケア」が求められる傾向があります。

6割が肌が敏感になったら専門家に相談したいと回答。
でも、自己ケアで済ませている人7割!?

花粉症専門家に相談?

実際、花粉症で肌が敏感経験者は、専門家に相談に行ったことがない」と回答した人が7割以上で、本心は、「相談したいと思うけど答えた方が6割以上もいます。

相談したいのにも関らず、相談せずに悩みを抱え込んでいたり、自己解決で花粉の季節を乗り越えている女性が多いと予想できます。

花粉皮膚炎、肌荒れを対策する方法は?!

アレルギー症状が原因で花粉皮膚炎・肌荒れを起こしている方にとって、予防をしていないぶん花粉皮膚炎対策はとても難しい状態なので、より保湿力の高い化粧品に変えてみよう!って思ってませんか?実は、そのような「攻めの行動」が逆に悪化のリスクを伴ってしまうからです。

自己判断では危険しかありません。

間違った自己判断をせずに、今のように、花粉の季節、肌が弱っているときは攻めの行動は起こさず、ひどい場合は皮膚科を受診し、体の中から肌の抵抗力を上げる対策がベストです。

1、症状がひどいときは皮膚科に行く

赤みが出てヒリヒリする状態にまで悪化しているなら皮膚科を受診してください。
肌に低刺激で効果抜群のクリーム代わりになるお薬を処方してもらえます。
ひどい時はステロイド系のお薬も処方されるほど。
医師のアドバイスを聞き、適量を塗って回復を待ちましょう。

2、敏感肌ラインの基礎化粧品を変更する

花粉皮膚炎はバリア機能が低下して、肌の表面の膜が壊れてしまった状態。

今までOKだった基礎化粧品の成分もヒリヒリ刺激になることも。

こんな状態だと保湿力の高い化粧品を選ぶより、低刺激な敏感肌ラインにしてこまめに保湿した方が断然いいのです。

「赤ちゃんでも使える」くらいやさしい基礎化粧品に変更しましょう。

初めて購入する場合は必ず「トライアルサイズ」を。

1週間用、2週間用を買って沁みずに保湿できれば、1ヶ月用を購入しましょう。

この敏感肌化粧品は花粉時季だけ使うもの、多くを揃えるのは大変ですが、オールインワンゲルやマルチバームなら1個で済みお財布にもやさしい上、塗るのも1回なので肌への刺激を最小限に抑えられますね。

3、メイクを最低限に制限してみる

メイクも肌の刺激になることもあります。

花粉時季の敏感肌は摩擦に弱い上、メイク品の成分もヒリヒリしてしまうことも。

この時期は化粧下地も兼ねたオールインワンゲルにミネラルパウダーだけにしましょう。

日焼けが気になる方は低刺激日焼け止めをオールインワンゲルの後にお使いください。

4、ぬるま湯洗顔のみにしてみる

肌のバリア機能が低下した状態で、よく落ちるクレンジング料は絶対ダメ!!

ただでさえ皮脂が減ってしまっている肌を最悪な状態にしてしまいます。

石鹸ですら沁みるなら、洗顔をやめてしまうか、ぬるま湯だけの洗顔にしましょう。

メイク品もお湯だけで落とせるものにするといいですね。

5、肌のターンオーバー(再生サイクル)を促す食事と睡眠を

花粉時季の弱った肌は、睡眠で労りましょう。

肌のゴールデンタイムにしっかり睡眠をとって生まれ変わりを支えてあげるとともに、肌がうれしい食事を。

ビタミンB群は代謝をよくしてくれますし、ビタミンC・Eは弱った肌をサポートしてくれます。

肌の生まれ変わりにはビタミンH(ビオチン)。

食事で摂るのが難しい方はサプリメントもおすすめです。

花粉で肌荒れがつらい!!治す方法まとめ

一番は自己判断でスキンケアをコントロールしないこと。

しっかりと専門家への相談が結局は近道です。

事前に予防対策をするものいいですね。

スポンサーリンク

-病気, 花粉症, 花粉皮膚炎
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

ノロウイルスの温床になる場所とは?

スポンサーリンク ウイルスは寒くなると活動が鈍ると思いがちだが、本当にそうなのか? ノロウイルスの温床になっている身近なポイントをまとめてみます。 スポンサーリンク 公衆トイレは冷たくて思わず立ち上が …

足のむくみの解消方法をまとめます!!参考にしてくださね!!

スポンサーリンク 足のむくみの解消方法をまとめます。 足がむくんで、バンバンになって、足のだるさと重苦しい感覚がするとき、つらくて、自宅に帰ってもつらいだけで、眠ることにも支障が出るときがあります。 …

熱中症で後遺症になる?!事例を交えて危険性を呼びかけ?!

スポンサーリンク 熱中症にならないように、水やスポーツドリンクをがぶ飲みして熱中症を防止しようと安易に考えていませんか? スポンサーリンク また、熱中症になっても1次的に回復したからといって安心してい …

あせもの治し方?!大人の場合はどうするの?!

スポンサーリンク 汗をたくさんかく季節になると、大人でもあせもが出てきます。 スポンサーリンク かゆみがつらくてイライラする事になり、集中力が低下します。 スポンサーリンク

五月病の原因と対策をまとめます?!あなたは大丈夫?!私はゲンナリ!!

スポンサーリンク 毎年話題になる、五月病!! スポンサーリンク 五月病って笑ってしまうかもしれませんが、五月病になったかたは本気で大変な状態です。 スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。