気になることをガンガン調査してガンガン書きました!

気になることをガンガン書いていきます。あなたのお役に立てればこれ幸い!

端午の節句

端午の節句とは?その由来や意味とは?!

投稿日:

スポンサーリンク

端午の節句という言葉は聴かれますが、由来や意味を理解している方はあまりいらっしゃらないかと思います。

スポンサーリンク

私もその1人でしたが、子供がいるとそういうわけにもいかず、調べてまとめることにしました。

端午の節句の端って何でしょうか?

そこら辺からまとめていきます。

付いて来てくださいね(笑)

端午の節句ってなに?!

毎年、5月5日は、「こどもの日」と定められています。


子供達にとっては、新学期が始まってすぐ長い休みのゴールデンウィークの一日としてとらえています。

こどもの日は、もともと「こどもの人格を重んじつつ、こどもの幸福を願う」ことが目立っていますが。

同時に、母に感謝するという意味も含まれています。

お父さんにとっては、さびしいですね(苦笑)

こどもの日は1948年に制定されたもので、それまでは「端午の節句」という呼ばれ方が一般的でした。

端午の節句とは、季節の節目を祝う日本の伝統的な日である五節句の中の一つに数えられており、江戸時代に法制化されています。

端午の節句は五節句の一つで、日本では奈良時代から伝わる風習だったんです。

端午の端は「月の端(はし)」で始まりという意味です。

すなわち端午とは、月の始めの午の日のことを言い、必ずしも5月に行われる行事ではないんです。

しかし、午(ご)が五(ご)に通じる語呂合わせから毎月5日を指すようになり、さらに5が重なる5月5日を端午の節句と呼ぶようになりました。

しかも、端午の節句は、日本では元々女性が行っていたと言われています。

とても不思議ですね。

5月になると、田植えの時期となり、稲の神様に豊作を祈願するため「早乙女」と呼ばれる若い娘達が、小屋や神社に籠って田植えの前に穢れ(げがれ)を祓う(はらう)「五月忌み(いみ)」という風習が行われていました。

古くから邪気祓いの力があるとされていた菖蒲(しょうぶ)と薬草の蓬(よもぎ)を軒に挿すことで、厄災を祓って穢れを浄化できると考えていました。

これが、中国から伝来した端午と結びつき、端午の節句となりました。

しかし、鎌倉時代になると宮廷で長らく行われていた端午の節句は無くなっていきました。

その一方、菖蒲が武道を重んじるという意味の「尚武」と同じ読み方であることから、武士の間では縁起が良いと盛んに行われます。

さらに、江戸時代になると幕府が端午の節句をおおやけの行事としてさだめて、武士以外の庶民にも広く普及をし始めます。

その時には、端午の節句は武士の流れを含みつつ、男の子の誕生や成長を祝う行事として広く認識されていきました。

端午の節句の由来や意味は?!

今から約2,300年前の中国、当時の「楚の国」に、屈原(くつげん)という国王の側近がいました。

正義感が強く情に厚かった屈原は大変人望を集めていたんです。

でも、陰謀によって失脚し国を追われることとなってしまうのですね。

深く失望した屈原は5月5日に汨羅(べきら)江に身を投げてしまったのです。

屈原を慕っていた楚の国民達は、太鼓を打って魚を脅かし、ちまきを川に投げ込んで屈原の遺体が魚に食べられないようにしました。

また、中国では昔から旧暦の5月の時期は病気が流行し亡くなる人が多かったことから、5月は悪月、5日は5が重なることから悪日として、厄除けに菖蒲(しょうぶ)や蓬(よもぎ)を門に挿し、菖蒲を浸した酒を飲んで厄除けや健康祈願をしていました。

このような風習が奈良時代に日本に伝わって、日本独自の端午の節句の風習が生まれていきました。

すなわち、「端午の節句」の起源は中国から伝わったものなんですね。

端午の節句と初節句について

端午の節句は、五が重なることから「重五(ちょうご)の節句」と呼ばれたり、邪気を祓うために菖蒲を飾ったり菖蒲酒を飲むことから「菖蒲(尚武)の節句」とも言われます。

先ほども話したとおり、日本では元は女性が行っていた神事でしたが、菖蒲が尚武に通じることから、たくましく成長することを願い男の子の行事として現在は定着しています。

また、誕生後初めて行われる節句を初節句と言い、両親や祖父母でお祝いを行います。

初節句に合わせて、祖父母から「鯉のぼり」や「鎧兜」「五月人形」などが贈られます。

でも、地域によって「母側の両親が贈る」ところと「父側の両親が贈る」ところで分かれています。

最近では母方父方の両親が共にお祝い金を包み、それを合わせた分で男の子の両親が購入するというケースも多いようです。

スポンサーリンク

時とともに変化していますね。

で、別の疑問がわいてきますね。

なぜ、端午の節句に「鯉のぼり」を上げるのか?

鯉のぼりは、「黄河の急流に竜門と呼ばれる滝があり、その滝を登ろうと多くの魚が試みたものの登れたのは鯉だけで、登り切った鯉は竜になった」という中国の故事が元となっています。

この故事から男の子の出世を願う意味があるんですね。

また、鯉は清流に限らず環境がよいとは言えない池や沼でも生きていける生命力の強い魚であることから、祝い事に鯉を食べる習慣もこの生命力の強さを頂くという意味もあります。

このようなところから、どのようなつらい苦しい環境においても生き抜くことができるたくましさを備え、立派に成長して欲しいという意味があるんですね。

武士の家では、もともと男の子が生まれると家紋の入った旗や幟(のぼり)を上げる風習があるので、これにあやかって庶民は幟に縁起物の鯉を描いて掲げていました。

これがやがて、中国の故事と結びつくことで、滝を登る鯉のように、鯉のぼりが揚げられるようになったのです。

やはり端午の節句には兜や鎧の五月人形を飾ったほうが良いの?

端午の節句に飾るものは、将軍や武将によって行われていた風習が始まりになっています。

なので、男の子の身を守る鎧や兜は、命を守る道具の象徴として考えられていて、男の子が生まれるとその子に身の危険が及ばず安全に暮らせるようにと、鎧や兜を飾るようになったのです。

また、五月人形は主体となる人形のような人物に成長して欲しいという願いが込められています。

このような由来を考えると、男の子が誕生したら、やっぱり、鎧兜や五月人形を飾って、健やかな成長や健康を願うのも納得できます。

端午の節句に「ちまきや柏餅」は定番?食べ物の意味は?

柏餅に使われる柏は、古くから神が宿る木とされています。

神社や神棚で神に拝する際にパンパンと音が鳴るように手の平を合わせる行為を、柏手(かしわて)と呼ぶのもここから来ています。

また、柏の木は新芽が出ないと古い葉が落ちないため、子孫繁栄を象徴するものとして縁起がよいとされています。

これらの理由から、端午の節句には柏餅が食べられるようになったそうです。

粽(ちまき)については、屈原の霊が川のほとりに立ち「供え物を捧げてくれるのは有り難いが、悪龍に盗まれてしまう。

そこで悪龍が嫌いな楝樹の葉で餅を包んだものを五色の糸で縛って欲しい」と里の人に頼んだという逸話が元となっています。

端午の節句まとめ

端午の節句の起源は中国になりますが、日本の中で日本の文化や風習を合わさって独自に変化していきました。

中国にしても日本にしてもわが子を思う気持ちには違いが無いので、端午の節句は思いっきり我が子のために祝ってあげましょう!!

スポンサーリンク

-端午の節句
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

関連記事はありませんでした




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。