気になることをガンガン調査してガンガン書きました!

気になることをガンガン書いていきます。あなたのお役に立てればこれ幸い!

筆記体のフォント

筆記体を美しいと感じたら!フォントを変えてみよう!!

投稿日:

スポンサーリンク

筆記体を書いた記憶は?!いつですか?

もしかしたら、学校で習った時から、一度も書いたことがない、という人がほとんどではないでしょうか?

海外旅行していれば、パスポートの署名やもしかしたら、クレジットカードのサインってのもあるかもしれません。

スポンサーリンク

パソコンの普及でよって直筆で何かを書くという機会がどんどん減っています。

それは、日本語も同じです。が、欧米でも同じです。

特に筆記体は、簡単なブロック体に押されネイティブでも使う機会が激減しているといいます。

それでも、美しい筆記体を書けるという事は大人の嗜みであり、手紙やカードには筆記体で書くと良い印象を与えることができます。

今回は、ネイティブ並みの英語筆記体を書くにはどうすればよいのか、6つのコツをご紹介します。

英語筆記体をプロっぽく見せるコツ!!

1. とにかく「なぞり書き」


実際に筆記体を書くためには、練習しかありません。
最初はインターネットの無料素材集からダウンロードしてもいいし、本屋でお好きな英語筆記体の練習帳を買ってきても良いですね。
いづれの場合も、「なぞり書き」できるものを選択してください。
全ては、まねすることから始まります。
特に英語は文字によって、また大文字や小文字によって縦幅も横幅も大きく変わります。
ひたすらなぞりかきして、英語筆記体に手を慣らしていきましょう。

2. 筆記体のメリットとデメリット

筆記体のメリットはなんといっても、ブロック体より早く書けることでしょう。
また、本人確認の署名としてビジネスやクレジットカード、パスポート、運転免許証などの各種証明書ではいまだに主流です。
また、手紙やカードを出す場面では手書きすることで、タイプされた文字にはない相手への親愛の情を示すことが出来るんです。
また筆記体の方がエレガントで気持ちがこもって見える効果があります。
なので、実は結婚式の招待状等では筆記体がほとんどです。

逆にデメリットとしては、どうしても個人の癖が出やすい文字なので、よほど流麗な文字でない限り、誰でも読める訳ではないことでしょう(苦笑)
そういう意味ではブロック体の方が好まれます。
また、ビジネスシーンでは使いづらいですね。
最近は履歴書や企画書などのビジネス文書を手書きすると、コンピュータスキルのない素人だと誤解される恐れがあるため、特に敬遠される傾向にあります。

3. 一筆書きしないこと

どうも筆記体がうまく書けない人にありがちな間違いは出来るだけ早く、一筆で書こうとすること。
例えばa,b,e,u,dなどの文字は特に前後の文字と続けて書きにくいものなんですね。
もし”Bad”と書きたい場合は、”Ba”と書いたところで一旦ノートから手を離して、再び”d”から書き始めるイメージで綴ると、全てを一筆書きするよりも数段美しく見えるでしょう。
焦る必要はありませんので、ゆっくり書けば美しい文字になっていきます。
どうやれば美しく見えるのか、をきちんとイメージしながら書いていきましょう。

また、文字の高さをできるだけ揃えるのも美しい筆記体の条件です。
そのためには、できれば筆記体専用の罫線付ノートを使うのがお薦めです。
これでいろんなパターンの文体を練習し、自分に書きやすい形を見つけていきましょう。
練習あるのみ!!

4. やっぱり使いたい手紙でのシーン

英語筆記体を美しく書けるスキルが役立つ場面があります。
やっぱり手紙を書く時でしょうね。
誰でも美しい手書き文字で丁寧に書かれた手紙をもらうとうれしいし。
きれいな筆記体だとなおさらうれしい!!
筆記体の手紙を読んでいると、古典英文学の中にいるような気持ちになりませんか?
今度親しい人に手紙を書く時にはぜひ、筆記体で書いてみることをオススメします。
きっと気持ちの伝わり方が違いますよ。

スポンサーリンク

5. わざと崩すのが玄人風?

それでは、欧米で今最もよく使われる署名時の筆記体はどういう表記なのでしょうか。
一概には言えませんが、本人証明でなければならない性格上か、実は模範的な筆記体の署名はあまり一般的でなく、むしろわざと崩すのがよし、とされる風潮があります。
なぜならその個人の癖が強く出ている方が、本人である確認になるからですね。
書道でいう楷書体と草書体のイメージですね。
名前の最初の文字が小文字表記だったり、崩しすぎて文字が抜けたように見えたり、人それぞれのクセで書かれることが多いので、筆記体が認められているのが署名なんですね。

ビジネスレターでも、最後の差出人のところでタイプされた名前の隣に、本人の筆記体の署名がついているのが一般的です。
コンピュータ化がいくら進んでも、やはり本人確認には手書きの文字が重視されるんですね。

これが出来たら、パソコンのフォントも筆記体に変えたくなりませんか?!

個人的に気に入ったパソコンの筆記体!!

ネットで「フォント 筆記体」って探すと一杯出てきます。

でも、私が気に入ったフォントは「love home」

気に入ったフォントをパソコンにダウンロードして、ttfファイルを開きます。

そうすると、インストールというボタンがあるので、押してあげて完了させます。

そのあとは、パソコンを再起動してあげると、エクセルやワードに、フォントの部分に先ほどの例の「love home」が出てくるので、それを選択して、いつもどおり英字を打ち込むときれいな筆記体が出てきます。

これを覚えると、どんどんきれいな筆記体フォントをインストールしたくなりますね。

美しい筆記体まとめ

筆記体の美しさはわかるけど、なかなか練習が必要なのは実態です。

でも、パソコンならそこまで練習しなくてもサクッと書けますね。

これを利用しない手はありませんね。

スポンサーリンク

-筆記体のフォント
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

関連記事はありませんでした




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。