新盆のお見舞い金額は!?ご近所さんに失礼にならない金額は?!

2020年6月29日

新盆は、にいぼん言い、人が亡くなってから、最初に迎えるお盆のことをいいますね。

新盆を別の言い方をすると、初盆とも言いますね。

新盆には、特に近親者を中心に親しい人が集まって法要します。

一般的な法要の場合と同じように、お坊さんにお経をあげてもらって、供養します。

近親者だけで行うのが一般的ですが、特に親しくしていた場合、新盆の法要に招かれる場合もあるでしょう。

故人が好きだった物などを、お供え物として送る場合もありますが、御仏前としてお金を包むことが多いようです。

ご近所さんの新盆相場としてはどのくらいなのか・・・?

 

ご近所さんの新盆相場

Advertisements

まずは、答えをサクッと書きます。

Advertisements

近親者以外では、新盆の見舞い金額は、3,000円~1万円が良いようですよ。

理由は、近親者の新盆の見舞い金額は、1万~2万円が相場となります。

Advertisements

というのは、近親者の新盆の見舞い金額を上回らないようにするが失礼にならないと思いますね。

もう少し、詳しく話すと、故人との関係性にもよりますが、法要に招かれた場合は5,000円~1万円です。

それ以外の場合は、3,000円~5,000円くらいと考えておくといいと思います。

新盆は、金額を多く包めばいいというものではなく、

多すぎると、近親者の立ち位置に失礼になったり、受け取った相手を恐縮させてしまうことになりますので注意しましょう。

他に、品物を送る場合は、金額を3,000円~5,000円くらいに合わせて購入し、お渡しすれば良いともいます。

ろうそくや、お線香はすでに準備しているので、避けたほうが無難です。

新盆の見舞い金額は!?ご近所さんに失礼にならない金額まとめ

Advertisements

新盆の見舞い金額は、ご近所さんの場合はいつも顔を合わせるので、気まずくならないようにしたいものです。

ですので、新盆の法要に招かれた場合は、5,000円~1万円の間で、招かれていない場合は、3,000円から5,000円の範囲でお渡しいただければ、間違いありません。

Advertisements
Advertisements