表彰式で介添えする作法とか補助はどうすれば良いの?スムーズに渡せる重要な事を意外と誰も知らない!?

2022年10月21日

Advertisements

賞状の渡し方を重要視する方が多いですよね。

あなたたが、賞状を渡す立場になるのは、なかなかないかもしれないから。

賞状を渡す人が、表彰式にずっと立ちっぱなしになるので、意外と見られたままになってしまうので。

あれ?ってなことにならないようにね!

でも、賞状を渡すことよりも、もっと大切な事があるんですよ。

では、さくっとまとめますよ

 

関連商品:表彰式用 服装

関連記事:賞状の受け取り方

 

 

表彰式で介添えする作法の重要なポイントは?

Advertisements

お盆に賞状をまとめておくことが大事。

 

しかも、お盆に賞状を渡す順番どおりに賞状を全部重ねて載せて、

裏側ではなく、名前が見える方向で重ねておきます。

 

演台の上に置いたまま、別のひとが、一枚ずつとって、賞状を渡すひとに渡す。

意外と、事前準備やもう一人との連携動作も重要になってきます。

間違いやすいのは重ねておく順番。

なので、事前準備が重要ですね。

 

関連商品:表彰式用 服装

 

賞状を渡す人の補助ポイントは?!

Advertisements

 

まとめるとこんな感じです。

まずは、賞状の準備から話していきます。

 

表彰式によって、さまざま違いがあるかと思いますが、賞状と記念品と言うのが1つのくくりなんですね。

 

まさか、賞状と記念品を手持ちで壇上に上がることは無いです。

 

まずは、賞状盆上に一人分づつ、記念品と賞状を載せます。

Advertisements

 

一人の人がそのお盆を持って賞状を渡す人の斜め後ろに立ちます。

 

賞状盆は二枚用意し、新しいものをお出しするときに、使用済みの方を引っ込めます。

 

賞状をお盆から取って読んだ後、次にお盆から記念品を取って渡します。

 

賞状は直接渡しますが額は別に渡します。

 

関連商品:表彰式用 服装

 

賞状を渡す人の補助や事前準備まとめ

Advertisements

賞状を渡すためには、事前準備が重要です。

 

間違って、名前の違う賞状を渡すわけにはいきませんよね。

 

大変失礼ですし、間違った名前の賞状をもらった方のショックは計り知れません。

 

賞状を渡す介助と賞状を渡す人では、

まるで違った準備がありますね。

 

このことを考えると、賞状を準備する方は全員分のプレッシャーがあるので、

失敗すると表彰式の流れが変わってしまうので、とても大変です。

 

 

関連商品:表彰式用 服装

 

<護符一覧はこちら>

▼金運護符

▼恋愛護符

▼仕職護符(仕事運)

▼対人護符(人間関係)

▼健康護符(健康運)

▼学業護符(学業成就)

▼月花殿護符一覧

 

 

 

 

Advertisements