気になることをガンガン調査してガンガン書きました!

気になることをガンガン書いていきます。あなたのお役に立てればこれ幸い!

卒業証書

卒業証書の受け取り方の作法ってどうするの?手、足の順番は?

投稿日:

スポンサーリンク

卒業証書の受け取り方って決まりごとがあるの?

卒業式の季節になってくると、ただ、卒業式を見る立場であれば、気にすることではないのですが、卒業証書を受け取る立場になると、礼は?手は?足は?と気になるポイントが出てきます。

人によっては卒業式は3回だったり、4回だったり、それ以上ということもありす。

スポンサーリンク

人生の中で大事なイベントなので失敗したくない、恥をかきたくないということも心のどこかにあるものです。

では、一般的には卒業証書の受け取り作法ってどのようになっているでしょうか?

卒業証書の受け取り方の作法は?

パターン1

1、名前を呼ばれたら返事をして授与者に向かって歩く

2、授与者の正面1.5m程前に立って、両手を足の横に付け「気を付け」をする。

3、授与者に一礼

4、読み上げを聞く

5、授与者が証書を差し出したら、左足から一歩出て授与社者に近づいて両足を揃える

6、肘をまっすぐに伸ばし、左手で賞状の左側をつかむ

7、肘をまっすぐに伸ばし、右手で賞状の右側をつかむ


8、その姿勢のまま証書を目の高さに上げ、頭を下げる。
この意味は、授与者に対してではなく証書に対して頭を下げる意味があります。

9、その姿勢のまま左足から一歩下がって両足を揃える

10、証書を腹の前におろすと同時に顔を上げる

11、二つに折って左手に持ち、両サイドを一緒につかむ

12、気をつけの姿勢から授与者に向かって一礼

13、向きを変えて左足から踏み出して退席

パターン2

卒業証書を渡す相手(校長先生など)は両手で渡してくれますから、受け取る前に一礼して、最初に左手で触り、右手を添えるて両手で受け取る。

受け取ったまままた礼をして、折り曲げないで左脇にかかえて回れ右で自席に戻ります。

片手で受け取るのは失礼にあたります。

具体的には、

1、段に上がる

2、礼をする

3、起き上がる

4、「○○ 以下同文」などと読まれる

スポンサーリンク

5、相手が手渡そうとしたら一歩前に出て両手で受け取る。
※先に手を出すのはNGです

6、そのまま礼をする

7、起き上がる

8、曲げずに脇にかかえる

9、一歩下がる

10、回れ右

11、段を下りて席へ戻る

パターン3

1、自分が呼び出されたら檀上等の表彰場に出向き、受け取る相手から1歩~1歩半程度離れた場所に移動。

2、相手が賞状や表彰状を自分に渡してくるタイミングに合わせて、相手に1歩近付き、右手、左手と外側に回すようにしながら正確に受け取る。

3、相手が手を離したら先程前に出たのとは逆の手順で1歩~3歩後ろに下がり、面に向かって真形の礼、来賓に行形の礼をする。

4、手に持っている賞状や表彰状などを右脇もしくは左脇に挟み元の位置に戻ります。
注意点、席に戻る際は、手を下ろしますが賞状を二つ折りにするのはタブーです。

5、賞状を差し出される前に自ら手を出してしまうと、「早くちょーだい」と言っているような印象になってしまうので要注意です。
賞状授与をただの形式だと思っておろそかにせず、自分がコツコツ積み重ねてきた功績や自分の将来の夢への切符だと考えれば、軽く扱うような手つきにはならず、自然ときれいに持てるようになるのではないでしょうか。

パターン4

警察礼式によると次のように定められています。
※警察礼式第十七条

1、辞令書、賞状等を受けるときは、授与者の席を離れること約三歩の所で敬礼を行う

2、適宜前進し、右手でこれを受け、左手を添えて開いて見る

3、直ちにこれを左手に収める。

4、旧の位置に復して、再び敬礼を行い、退去する。

卒業証書の 受け取り方時の足は?

足の動作にもさまざまあるようですが、右足、左足の指定がない情報もあります。
特に指定されなければ、左足が最初に動作に入る足のようですね。

卒業証書の 受け取り方時の右手は?

最初の手の出すほうは、左の場合もあり、右の場合もあるようです。

警察礼式だと右手が最初のようですので、特に指定がなければ右手でいいと思います。

卒業証書の 受け取り方まとめ

手と足の関係から行くと、足は左足、手は右手となりますが、気持ち的には左であれば手も足も左で統一したいところです。
本番は緊張でゴッチャになりそうですしね。

また、卒業証書を受け取るときの動作は、卒業証書を渡す側の動きを優先して、相手が卒業証書を差し出す状況になってから、手を出しましょう。

ここが早すぎると「恥ずかしい」ことになるかも。

スポンサーリンク

-卒業証書
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

関連記事はありませんでした

カテゴリー

最近のコメント

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。