サーキュレーターの使い方でエアコンなしでは夏が快適になるの?!ならないの?!

2022年6月15日

Advertisements

 

サーキュレーター置き方が気になる季節になってくると、
エアコンをフル稼働したくなります。

最近では、エアコンも10年前世代の物に比べるとだいぶ電気代が安くなってきています。

でも、もっと電気代を安くしたいのはいつの時代になっても同じです。

そこで、毎年、サーキュレーターも新しいのが出てきて冷房効果が増していいるので、

さらに、エアコンなしでサーキュレーターの上手な使い方で、

電気代を抑えられないか?!

そんなチャレンジまとめをしていきます。

 

関連記事
部屋干しで乾かないけど、どうすればいいの?

 

 

サーキュレーターの使い方!エアコンなしの場合は?

Advertisements

 

空気を循環させ、お部屋の温度を均等にする

まずは、空気を循環させ、

お部屋の温度を均等にすることを考えてみましょう。

 

暖かい空気はお部屋の上の領域に、

冷たい空気はお部屋の下の領域に溜まります。

 

夏の場合は、下の冷たい空気を上に上げて

上に溜まった暖かい空気の温度を下げていく方法と、

下の冷たい空気だけを循環させる方法があります。

 

夏にエアコンなしの時、サーキュレーターの使い方!寝室の場合は?

Advertisements


床に近いところで、寝る場合は、寝る場所にめがけて、

ベッドであればそこをめがけてサーキュレーターの風向を合わせると、

熱がこもらずに、夜は眠りやすくなります。

 

ポイントは、サーキュレーターをお部屋の上部に向けないほうがいいです。

Advertisements

 

とはいっても、エアコンに敵うものはありません。

エアコンとサーキュレーターを組み合わせて上手に冷えつつ、

エコな方法が最良な方法ですね。

 

サーキュレーターの使い方で夏が快適になる方法はあるの!?

Advertisements


引用先

エアコンの冷えた空気をお部屋に循環

エアコンの冷えた空気をお部屋に循環させることを考えてみましょう。

エアコンの能力は向上しているので、エアコンだけでも十分お部屋を涼しくすることが出来ますが、

エアコンに負担をかけずに、

すなわち電気代をかけないようにするには、

エアコンの吹き出し口の少し上を狙ってサーキュレーターをかけてみましょう。

 

そうすると、冷たい空気はより下のほうに、

温かい上の空気は天井、壁を伝って下のほうに流れてきます。

このスピードを上げたり、エアコンの冷たい空気を送るちからにプラスの効果を生みます。

 

サーキュレーターの使い方!夏のエアコンなしで寝室の場合まとめ

Advertisements

最近はエアコンにAIが付いたりして、

エアコンの能力が高まっているので多少の時間差があっても、

快適に過ごせます。

 

そんな中でも、サーキュレーターを上手に使うと、

エアコン未使用により電気代がお得になる場合がありますので、

チャレンジして損はないと思いますよ。

 

関連商品:サーキュレーター一覧

関連商品:エアコン本体人気ランキング
 

Advertisements
Advertisements