電気毛布を洗濯すると危険

2022年5月3日

電気毛布をお使いの方は、洗濯することがありますよね。

Advertisements

なにげなく、電気毛布を洗濯しているのだけれど、危険を感じませんか?

Advertisements

電気毛布には、電気を通している熱線、コネクターが付いています。

Advertisements

どんなポイントに注意すれば良いでしょうか?

Advertisements

関連記事
電気毛布を洗濯する方法

Advertisements

電気毛布を洗濯する判断基準はあるのかな?

電気毛布が選択できる場合には、電気毛布に選択可能マークが付いています。

Advertisements

分かりにくい時は、取扱説明書を確認しましょう!

Advertisements

間違っても、自らタグを切ったりはしないように!!

Advertisements

もう、洗いすぎてこんなことになったり!!

Advertisements

知らずに洗濯を続けてこんなことに

Advertisements

電気毛布を洗えても、手洗いのばあいもあるので注意しましょう!

Advertisements

電気毛布が手洗いの場合

Advertisements

洗濯表示に手洗い可能のマークしかしるされていないときは、電気毛布がすっぽり入るくらいの大きめの桶を用意して、畳んだ電気毛布を押し込むように洗っていきます。

Advertisements

洗濯機で洗うのと違う点は、手洗いの場合はネットに入れる必要はありません。

Advertisements

手で優しく揉むように汚れを落としていくので、とくにコネクタが壊れる要因がないため、ネットに入れて保護する必要はありません

Advertisements

電気毛布を洗濯すると危険な場合は?

ズバリ、生乾きで使う時、電気毛布は電気を通じて温めるのでショートして、感電、火事の可能性まであり得ます。

Advertisements

冬に電気毛布を洗う場合は、本当に生乾きになっていないか、注意が必要です。

Advertisements

なので、多くのかたが、夏に電気毛布を洗濯して、自然乾燥をゆっくりとします。

Advertisements

乾燥機を使っているから、完全に乾いている、大丈夫と思い込まないことです。

Advertisements

冬に入る前には、しかっりと電気毛布を乾かして、使えるようにしておきましょう。

Advertisements

また、夏場で、職場のエアコンに耐えきれず、足元に毛布を掛けているかたがいますが、出来るだけ通常の毛布を使って、電気毛布の洗濯回数が多くならないようにしましょう。

Advertisements

いくら、電気毛布が洗濯可能だとしても、洗濯回数が多くなると、電気毛布が傷む可能性が増します。

Advertisements

上手に使い分けて、使用期限を守りつつ温かく過ごしましょう!!

Advertisements

電気毛布を洗濯すると危険まとめ

電気毛布のありがたさは、東北地方では特に感じるもの、でも、上手に使わないと危険が伴うので注意しましょう!!

Advertisements