石英管ヒーターのデメリットって何ですか?

2022年1月24日

Advertisements

 

石英管ヒーターのデメリットは、フラットヒーターと比べると、

熱量が多くて、火事になる確率が増すところですね。

 

でも、最近の石英管ヒーターには、安全装置がついているので、

火事になりそうになっても、フューズで電気を止めてくれるし、

強制的に3時間で電源が切れるとか、

さまざな、安全装置が付いています。

 

なので、安全装置がついている、

石英管ヒーターを購入するのがベストですね。

さらに

 

 

石英管ヒーターのメリットは、すぐに温かくなるのがいいですね。

そして、温かさも強いほうです。

 

つまり、フラットヒーターとかと比べると、

電気量や加熱力は強いので、

特に寒いときにはとても心強い。

関連商品:ファン付き U字型石英管ヒーター 手元温度コントロール式

 

そんなに熱くなくても、やんわりな加熱でいいよってかたは、

フラットヒーターがおすすめです。

Advertisements

電気代も石英管ヒーターに比べるとかからないし。

いざというときの加熱は弱いですけどね。

 

関連商品:クレオ工業 テーブルヒーター 3時間タイマー付

 

ちょこっと、ヒーターが最近は人気のようです。

 

この手のヒーターでも、そこそこ温かいので、

ヒーター部は熱いので、

カーテンとか洗濯物は要注意なんですが、

メーカーも最近わかってきたようで、

 

カーテン・布団・洗濯物などの障害物を検知すると、

自動で電源OFFになる障害物センサー搭載で"もしもの危険"に対応。

 

誤って転倒させてしまっても、

自動で電源がOFFになる転倒OFFスイッチ機能付き。

 

安くても、安全装置が充実しています。

 

関連商品:電気ストーブ 障害物センサー搭載

 

狙うなら、石英管ヒーター、フラットヒーター、電気ストーブともに、

安全装置をしっかり確認して、検討してみてくださいね。

 

運が悪いだけでは済まされませんからね!

 

もう、火事のニュースはもう嫌ですからね。

 

Advertisements
Advertisements