気になることをガンガン調査してガンガン書きました!

気になることをガンガン書いていきます。あなたのお役に立てればこれ幸い!

フラットヒーター 寒さ対策

フラットヒーターって交換できるの?

投稿日:

スポンサーリンク

こたつのヒーターって交換できるの?


日本の冬には欠かせないこたつ。

どこのご家庭にも1台はあると思います。

秋から冬にかけて使うものの暖かくなれば無用の長物となってしまします。

でも、こたつのヒーターで基本、使っているときは熱が発生します。

こたつを使わないでいると寒い時期なので、使うときと使わないときの差があってヒーターの傷みも加速します。

スポンサーリンク

また、やっかいなのはヒーターとコンセントをつないでいる電源ケーブルとコントローラー。

踏んづけたり、電源ケーブルに足が引っかかったりして徐々に痛んできます。

こたつを片付けるときに、あ?!なんかヒーター傷んできたな?

電源ケーフルがほつれてきたな?!とか思うものの次の冬に交換しようと思っていても、いざ使うときに、忘れていました!!となります。

また、暖め度が弱くなったり、寒いなと思ったらヒーターが切れていたりとあやしい症状に遭遇することもあります。

そんなときは、こたつのヒーターを思い切って交換してしまいましょう!!

こたつテーブルを夏冬流用している方もいるでしょうし、テーブルは傷んでいないのでヒーターだけ変えたいとか、この際だからエコなヒーターに変えたいなんでたくらんでいるかたもいますよね。

私みたいに結婚記念で、プレゼントされたので大事に使いたいとか。

大丈夫です。こたつのヒーターのみ交換は可能です。

なので、テーブルごと交換する必要はありません。

こたつヒーターの種類は?

こたつのヒーターは、さまざまあって、石英タイプのものやフラットヒーターものさまざまあるので、まずは1つ1つ見てみましょう!

1、コルチェヒーター
石英管       :赤石英管ガラス
コイル       :タングステン線コイル
封入ガス      :アルゴンガス、窒素ガス
寿命        :約10,000時間
おおよその価格 :7,000~8,000円
特徴        :すぐ温まり、近赤外線と遠赤外線をほどよく放出
昔ながらの赤く暖かな光(レモン球のような光)

2、ハロゲンヒーター

石英管      :石英管ガラス
コイル       :タングステン線コイル
封入ガス      :アルゴンガス、窒素ガス、ハロゲンガス
寿命       :約8,000時間
おおよその価格 :6,000~7,000円
特徴       :コルチェヒーターほどではないが、すぐ温まり、明るく省スペース
近赤外線を中心に放出し、オレンジ色に近い光

3、石英管ヒーター
石英管      :石英管ガラス
コイル       :ニクロム線コイル
封入ガス     :なし
寿命       :約7,000時間
おおよその価格 :4,000~6,000円
特徴        :すぐには温まらないが、遠赤外線を多く放出するので体の芯まで暖かくなる
薄明るい光

最近注目されているのが。

4、フラットヒーター

スポンサーリンク

フラットヒーターは石英管を使ったものと違って、たとえるならホットカーペットをテーブルの裏に貼り付けたようなものです。

石英管と比べて電気代が安く済む一方で、温まり速度が遅いと言うデメリットがあります。

フラットヒーター電気代

こたつのヒーターの制御方法は?

現状、サーモスタット式と電子制御式の2つがあります。

サーモスタット方式にはバイメタルと言われる2種類の金属を張り合わせた物を使用しています。

2種類の金属は熱膨張率の異なっている金属を使っています。

・サーモスタット方式というのは、熱によって金属の形状が変化する特性を利用して、ヒーターへの電源のON/OFFを切り替える方式です。

熱膨張率が異なる為、ある温度に達した時に接触していた部分が離れたり、閉じたりするのです。

つまり、温度が高くなることで片方の金属が曲がり、接触していた部分が離れ、ヒーターがOFFになります。

そして、温度が低くなることで曲がっていた金属が元の形状に戻り、再び接触。
その時にヒーターはONになります。

このように、ヒーターのONとOFFを繰り返して温度を一定に保つ方式がサーモスタット方式ということになります。

●電子制御方式は温度センサーのサーミスタを使用し、電力制御をしています。

サーモスタット方式と大きく異なる点は何と言っても細かな温度調節が可能になる点です。

サーミスタというのは温度変化に対して、電気抵抗が大きく変化する抵抗体のことです。
こたつの温度制御に使用されているのが、温度が上がると抵抗値も上がるPTCサーミスタと呼ばれるものです。

温度が上昇し、設定温度に近くなることで抵抗値が上がり、ヒーター部分に流れる電流が少なくなります。
また、逆に温度が低くなるなることで抵抗値も下がり、その結果ヒーターに大きな電流が流れることになります。

最近では電子制御方式で温度制御をしているこたつが多いと思いますが、今でも昔ながらのサーモスタット方式も使われています。

なので、これからは快適なこたつを求めるなら最新式の電子制御方式が良いと思います。

こたつヒーターのみを交換するポイント

こたつヒーターのみを交換するときは、寸法がポイントになります。

こたつテーブルについているヒーターサイズを測定しておく必要があります。

一般的には290mm×290mmが主流です。

でも、ヒーターを付けられなくなるとソンするので測っておくことが必要ですね。

フラットヒーターに交換するメリットは?

フラットヒーターは、石英管を使った立体的なヒーターとは違って、毛布が入った平らなヒーターになります。

なので、テーブルの底面からはみ出なければ良いのでヒーターサイズはもっと大きなものを設置できます。

電気代は当然少ないのでエコな使い方ができます。

面白いのは、ただのテーブルの底面にフラットヒーターを付けるだけで、こたつに改造できます。

まとめ

フラットヒーターは、現状あるこたつをレベルアップしてくれるたのもしいヒーターです。

日曜大工よりも簡単に設置できますので、チャレンジしてみる価値はありそうです。

スポンサーリンク

-フラットヒーター, 寒さ対策
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

電気毛布を洗濯する方法

スポンサーリンク 電気毛布を洗濯する方法って? 電気毛布ってとっても温かくて便利なものですよね。 策さ対策にもってこいの電気毛布。 スポンサーリンク 電気毛布は毛布だけあって、ダニやゴミを集めてしまい …

シートタイプ床暖房の気になる電気代は?!

スポンサーリンク シートタイプ床暖房って、新築で床に初めから埋め込まれたものとは違って、電気毛布よりは硬くてしっかりしている床に引くシートタイプの床暖房です。 簡単に設置出来て、壁のコンセントから電源 …

アラジンストーブの暖かさってどんな感じ!?

スポンサーリンク アラジンストーブの暖かさってどう!? アラジンストーブの温かさはには定評があるようです。 スポンサーリンク いったん、アラジンストーブでお部屋が温まると、そこまで強火にしなくてもお部 …

温水ルームヒーターとエアコンの併用を上手に使うには?

スポンサーリンク 温水ルームヒーターとエアコンの併用で暖房する場合、どの方法が一番節約になるんだろう? スポンサーリンク 温水ルームヒーターの良さとエアコンの良さ、それぞれあるんですけど。 スポンサー …

こたつのコードが壊れたので直したい!

スポンサーリンク こたつのコードが壊れたので直したい! こたつのコードは使ってくるうちに、こたつの足に踏まれたり、ひっかけたりして断線しるものです。 スポンサーリンク しかも、ヒーターの熱でコンセント …

カテゴリー

最近のコメント

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。