こたつフラットヒーターで火事にならないように、こたつフラットヒーター仕組みを知って安全性を確保する方法

2022年1月24日

フラットヒーターは火事になる危険はないの?安全性は?!

Advertisements
Advertisements

フラットヒーターは熱を発しているので、

決して火事にならないとは言い切れません。

 

どうしても、こたつに入っていると、

眠気に襲われて、気持ちよく眠ってしまいます。

 

これが火事の原因になることもまったくゼロではありません。

 

フラットヒーター本体に直接触れないようにするのが一番安全な使い方です。

 

例えば加熱する部分に、こたつ布団が入り込み、

こたつ布団を加熱してしまえば、やはり危険です。

 

また、眠っていて、毛布を体に巻いてこたつに入るのも、

フラットヒーターに接触する原因になり、

やはり火事の危険は出てきます。

 

あなたが大丈夫と思っても、

思わぬ事態で火事になるのが世の常です。

 

やはり何としても火事を回避して、

あなたの命が一番大事なので、

フラットヒーターに直接何かが接触しないように

工夫してあげるのが一番でしょう!!

 

また、フラットヒーターで火事の危険もありますが、

その手前の段階として、

低温やけど、ということもあります。

 

これも、フラットヒーターに直接接触することから起こる事故です。

 

低温やけどについても、

小さいお子さんがいれば、

よりいっそう注意をお願いしたいところです。

 

と言うのも、毎年、こたつでの火事や低温やけどの事故の話が出ます。

 

気をつけて損はないし、

気を付ける事を習慣とするのも今後のために大事なことですし、

あなたの家族を守る意味でも注意をお願いしたいところです。

 

運が悪いでは済まされませんからね

 

関連商品:おしゃれでシンプルフラットヒーターコタツ(代引不可)【送料無料】

 

 

フラットヒーターの仕組みってどうなっているの?!

Advertisements

 

フラットヒーターというのは、

一般的な石英管タイプとは違って、

平らで薄いヒーターです。

Advertisements

 

こたつ机の底面位置と高さが変わらない為、

足とヒーター部の接触はほぼありません。

 

フラットヒーター部はホットカーペットをひっくり返した状態と同じです。

 

なので、こたつの中が広くなって、

ヒーター部が足に接触してやけどになることはありません。

 

こたつ机の底面全体にフラットヒーターが付くので、

ほぼこたつ机底面全体から下方向に熱が放射されるので、

こたつの中は均等に暖かさが保てます。

 

フラットヒーターがホットカーペットと似たような構造であることから、

仕組みそのものもほぼ同じと考えてよいです。

 

フラットヒーターの仕組みは、繊維の中に入れた電熱線に電気を流して、

電気抵抗で発生した熱でそのまま暖めています。

 

耐熱性の高い繊維などを使って繊維の内部に空気を溜め込み、

長時間にわたってゆっくりと暖めてくれます。

 

フラットヒーターのメリットは、

フラットヒーターは電気抵抗で発熱していることから、

石英管タイプと違って電気代がかなりお得になります。

 

フラットヒーターのデメリットは、

発熱量が石英管タイプよりも低いので温まり方が弱く、遅いです。

 

とは言いながらも、最新のフラットヒーターは暖かさも確保できていて、

温度調整も自動でやってくれるので、さらにエコな家電製品と言えます。

 

関連商品:1年保証【送料無料】割引クーポン発行中 こたつ フラットヒーター 折りたたみコタツ

 

フラットヒーターは火事になる?!まとめ

Advertisements

 

フラットヒーターはホットカーペットとほぼ同じ構造です。

ですので、火事の危険性は、石英管よりも低いですが、

フラットヒーター部に可燃性のものが直接触れたりすると、

火事の可能性は高まります。

 

肌が触れたまま寝てしまうと、

低温やけどになることもあります。

 

こたつに入っていると暖かさから、

火事の危険を忘れて油断しがちですので、

安全性のポイントを覚えて、

こたつにみかん!で、楽しい冬の生活を楽しみましょう。

 

関連商品:おしゃれでシンプルフラットヒーターコタツ(代引不可)【送料無料】

Advertisements
Advertisements