地獄の2階層目の黒縄(こくじょう)地獄とは?

2022年3月16日

地獄の黒縄(こくじょう)地獄についてまとめていきます。

地獄の中でも2階層目になります。

地獄は、全部で8階層あるのですが、まだ2つ目です。

地獄の名前を見ても、ちょっと想像できないので、どんな地獄なのか想像もつきませんね。

それでは、黒縄地獄をまとめていきますね。

 

関連記事:地獄の釜の蓋が開く日に、何もしないとどうなるの?

 

 

地獄の黒縄地獄とは

Advertisements

Advertisements

黒縄地獄は、地獄の2階層目。

 

殺生、盗みをすると落ちる階層です。

Advertisements

 

鬼たちによって熱鉄に臥せられ、熱鉄の縄で筋をつけられ、熱鉄の斧でその縄目の通りに切り裂かれる恐ろしい地獄。

 

そのほかにも熱鉄の山に登らされて、落ちた下にある大釜で煮られることも。

 

体が元に戻っては同じことが繰り返され、これが13兆3225億年も続くのです。

 

あの世の時間感覚はこの世と違いのかもしれません。

 

あまりにも、長すぎて想像できません。

 

地獄の黒縄地獄まとめ

Advertisements

この世で、殺生すると、等活地獄なのですが、黒縄地獄は、殺生だけではなく、盗みも対象になるようです。

 

どうですか?あなたの人生で、殺生、盗みはしていませんよね。

 

黒縄地獄は、13兆3225億年ですよ。怖いね~

 

 

次は、地獄の3階層目衆合地獄ですよ。

 

Advertisements
Advertisements

生活黒縄地獄

Posted by ガンガン