こたつをフラットヒーターに交換した後の注意点

2021年12月18日

Advertisements

 

こたつをフラットヒーターに交換出来るのか?!

 

まずはこんな疑問があるかもしれません。

 

答えは、下の関連記事に書かれています。

関連記事:フラットヒーターって交換できるの?

 

これを踏まえて、フラットヒーター交換後に注意することが無いのか?

 

それについて、まとめていきます。

 

 

こたつのフラットヒーターに交換出来るのか?

Advertisements

この図のように、こたつテーブルの下にフラットヒーターが付いています。

つまり、フラットヒーターユニットは単品で販売されているので、

フラットヒーターの交換は可能です。

 

 

◆パターン別に考えてみましょう

最初は、フラットヒーターが付いていない場合は、

ちょっと難しいですが、可能です。

 

こたつテーブルの裏面、ちょうどヒーターが付いている部分が、

漢字の井のようになっている場合は、

内側の口のサイズを縦と横寸法を測定して、

フラットヒーターの寸法がそれに当てはまるサイズのものを見つけられれば、

フラットヒーターの交換は可能です。

 

ですが、口のサイズは、小さくて見つからないと思うし、

加熱のちからが小さいと思いますので、

フラットヒーターが最初からついているタイプを選んだほうが、

後々後悔せずに済むかもしれません。

 

関連商品:フラットヒーターユニット付きこたつ一覧

 

◆最初からフラットシーター付きの場合

こたつテーブルのメーカー型番を調べて、

フラットヒーターがばら売りしていないか確認することが、

ミスマッチしなくて済むでしょう。

 

もし、フラットヒーターがばら売りしていない場合は、

寸法を測定して、同じ寸法のフラットヒーターを購入すれば問題ありません。

 

ネジ位置がわかると良いのですが、

もしわからなくても、

こたつテーブルは木製だと思いますので、

木ネジを使えば問題なく、

こたつテーブルに固定できます。

 

金属製のこたつテーブルの場合は、

ネジ位置が合っていないと難しいので、

Advertisements

あきらめるしかありません。

 

通常、寒い時期に使うこたつテーブルは、

金属製だと冷たさが増すので、

使っているのは、あまり見かけません。

 

金属製のこたつテーブルは、

電気を通すので漏電による感電、

火災につながるので、

ほぼないし、避けたほうが良いでしょう。

 

 

こたつのフラットヒーターに交換直後の確認

Advertisements

フラットヒーターに交換した直後、

しっかりとした、交換マニュアルがないので、

思い込みでミスしていることが考えられます。

 

すぐに、コンセントを挿して、

電気を入れる前に、

こんなところに注意してみましょう。

 

1,フラットヒーターと電線のつなぎ目にほつれが無いか?

 

2,フラットヒーターの加熱部がほつれていないか?

 

3,取り付けたネジのゆるみが無いか?

 

フラットヒーターユニット部が過熱し、

もし、こたつで眠っているときに、

足に落ちたら低温火傷になる可能性があります。

 

また、誰もこたつに入っていないときに、

落下したら火事の可能性も出てきます。

 

衣類を乾かしている時があれば、

なおのこと火事の危険があります。

 

これらをチェックしてから、

フラットヒーターに電気を入れましょうね。

 

 

こたつのフラットヒーターに交換した後の注意点まとめ

Advertisements

 

フラットヒーターは、

電気を使って過熱する電気機器です。

 

思いがけないことで、

火傷や火事に至ることが考えられます。

 

あの時、確認していれば良かったと思った時には手遅れになります。

 

チョットしたことですが、

慎重に取り扱いましょうね。

 

運が悪かったでは済まされませんからね!!

でも、運気アップできます。

 

 

 

Advertisements
Advertisements