気になることをガンガン調査してガンガン書きました!

気になることをガンガン書いていきます。あなたのお役に立てればこれ幸い!

おせち料理

おせち料理って何か特別な意味があるんでしょうか?

投稿日:

スポンサーリンク

おせち料理の意味ってなんだろう?!

おせち料理をゼロから作れる人ってそんなにいないと思います。


私は無理!!てすが、ゼロから作れる方は尊敬します!!

スポンサーリンク

日本の伝統をしっかりと守れているかたなんですから。

そこで、私みたいな、おせち料理を良く分かっていない人に向けてちょっとまとめてみます。

おせち料理は、お正月にお祝いするための料理で、御節料理と書きます。

これは、あなたも知ってるでしょう?

昔は、おせち料理はもともと、お正月だけのものではありませんでした。

実は、おせち料理の原型は、元旦や五節句などの節日を祝うために、神様にお供えして食べたものを御節供と書いて、「おせちく」と呼んでいたんですね。

でも、江戸時代に、御節供が庶民に広まると、一年の節日で一番大切なお正月にふるまわれる料理が、「おせち料理」と呼ばれるようになりました。

もともとは、御節共(おせちく)が収穫物の報告や感謝の意をこめ、その土地でとれたものをお供えしていたんです。

暮らしや食文化が豊かになってくると、山海の幸を盛りつけた、ご馳走となり、現在のおせちの原型が出来あがりました。

また、正月三が日は主婦を家事から解放するという意味を含め、保存の効く食材が中心のものになったんです。

なので、主婦の味方がおせち料理とも言えます。

おせち料理の決まりごとってあるんですか?

おせち料理って、おいしい食材を盛り付ければOKって気がしますけど。そうじゃないんですね。

おせち料理は、「めでたさを重ねる」という意味で重箱に詰められます。

各段ごとに詰める料理が異なっていて、「この段にはこれを詰める」という決まりごとと、素材や料理に込める意味があります。

基本は四段重ねで五段目は空っぽにしますが、最近は三段重が多いようです。

しきたりやその地方によって詰め方は違っているんですが、一般的な詰め方をまとめます。

おせち料理1重中身の意味

一の重・・・祝い肴(ざかな)・口取り
重ねた時に1番上にくる一の重には、祝い事にふさわしい祝い肴(ざかな)と口取りを詰めます。
口取りとは、かまぼこやきんとんなど酒の肴になる甘めの料理のことです。

錦玉子
黄身と白身の2色が金と銀に例えられています。

栗きんとん
豊かさと勝負運を願います。黄金色に輝く財宝にたとえて、豊かな1年を願う料理です。

数の子
ニシンの腹子である数の子は、卵の数が多いことから、子孫繁栄を願う縁起物なんです。

紅白かまぼこ
赤は魔除け、白は清浄の意味があります。

伊達巻
形が巻物に似ているため、知識が増えるようにとの願いが込められています。

たたきごぼう
地中深くに根が入っていく牛蒡を食べて、家の基礎が堅牢であることを願います。

田作り
片口イワシの稚魚を干して、飴炊きにしたもの。片口イワシを農作物の肥料として使った田畑が豊作になったことにちなみ、五穀豊穣を願います。
五万米の字を当て、ごまめとも呼ばれることもあります。

黒豆
邪気払いの意味と、黒く日焼けするほどマメに、勤勉に働けるようにとの願いが込められています。

昆布巻き
「こぶ」は「よろこぶ」に通ずるとして、縁起が良いとされています。

ちょろぎ
長老喜、または、千世呂木と書き、長寿を願います。

おせち料理二重中身の意味

二の重・・・焼き物
二の重は、縁起のいい海の幸を中心に焼き物を詰めます。

海老
長生きの象徴だと言われています。
えびは長いひげをはやし、腰が曲がるまで長生きすることを願って正月飾りやおせち料理に使います。


めでたいと語呂合わせ。
恵比寿様が持つ魚である鯛は、ハレの食卓にふさわしい魚としておせち料理に使われます。

ぶり
ぶりは大きさによって名前が変わる出世魚です。
ぶりで出世を願います。

おせち料理三重中身の意味

三の重・・・煮物
山の幸を中心に、家族が仲良く結ばれるように煮しめを入れる三の重です。

スポンサーリンク

ごぼう
根を深く張り、代々続くことを願います。

里芋
子芋がたくさんつくことから、子孫繁栄を願います。

れんこん
穴があいていることから、将来の見通しがきくようにと願います。

くわい
大きな芽が出てめでたい。また、子球がたくさんつくので子孫繁栄を願います。

八つ頭
頭となって出世をするように。また、子芋がたくさんつくので子孫繁栄を願います。

おせち料理与重中身の意味

与の重・・・酢の物・和え物
忌み数字とされている「四」は使わず、「与の重」とします。
日持ちのする酢の物などを詰めます。

小肌栗漬け
将来の出世を願います。
小肌はコノシロという魚の成魚になる前の名前です。
出世魚なので縁起がよいといわれています。
黄色はクチナシで染めた粟で、五穀豊穣を願っています。

菊花かぶ
冬が旬のかぶをおめでたい菊の形に飾り切りし、紅く染めて、紅白の酢のものに仕立てたのが菊花かぶです。

紅白なます
水引をかたどっているとされ、平安や平和を願います。

おせち料理五重中身の意味

五の重・・・空or好きなもの

年神様から授かった福を詰める場所として空っぽにしておく。
もしくは、家族の好物や予備の料理などを入れるそうです。
大家族では詰めることが多いかもしれませんね。

おせち料理の三段重の場合の意味
五段重ではなく、三段重の場合は、一の段に祝い肴と口取りを、二の段に酢の物と焼き物を、三の段に煮物を詰めます。

二の段には酢の物を詰めるのが正式ですが、いまでは、おせちの中でもご馳走とされる焼き物を詰めることが多いです。

酢の物も美味しいですが、二の段を酢の物で埋めるのも大変ですし、焼き物があるとより豪華さが増しますね。

おせち料理のまとめ

おせち料理を暗記している方も私を含めて少ないと思いますが、日本の伝統を後世に伝える為にも少しづつでいいから覚えたいものです。

おせち料理は普段口にしないものも含まれていて、しかも苦手な食材もありますね(苦笑)

でも、新しい1年を、家族の幸せ、健康などを考えてお祝いしているのですから、1つづつ口にしては幸運を掴みましょう!!

スポンサーリンク

-おせち料理
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

関連記事はありませんでした




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。