お札

お札に足を向けて寝る事は悪いことなのか?気になって夜も眠れない?!

投稿日:2021年10月24日 更新日:

スポンサーリンク

お札に足を向けて寝る事は悪いことなのか?

お札と書いて、
読み方が2種類あります。

おふだとおさつ

意味は全然異なりますが。

おふだとして、お話しを進めます。

お札のあるお部屋ということは、神棚があるお部屋ですよね。

神棚に祭られている、神様を意味するお札。

つまり、お札は神様と言うことになります。

そこから、お札に足を向けるということは、
神様に足を向ける事。

冷静に考えると、あまりよくない状況となります。

お札には、足を向けて眠らないことです。

なぜいけないかというと、
あなたの心がその答えを持っているから、
お札に足を向ける行為は、あなたの心が嫌がっていませんか?

関連記事:神棚のある部屋で寝る時の寝る向きはどっち向き?

神棚にあるお札はすでに別の世界にいる

こんな話をすると怖がるかもしれません。

スポンサーリンク

神棚の前には、しめ縄がありますよね。

そこを境に神棚側、内側は人間の世界と別ですよと、いわば印になっています。

神棚の中にはお札がある。

お札は神様の代わり、象徴となっているので、
粗末な扱いをしてはいけません。

 

お札への粗末な扱いとは?どんな事なのでしょうか?

お札を投げたり、踏んづけたり。

お札に触っての粗末な扱いだけではありませんよね。

お札に向かうことでも粗末な行為があります。

そう、今話題にしている、お札に足を向ける事。

お札から隠れていれば大丈夫。

そう考える方もいるでしょう。

もしあなたが、同じ立場だったら。

横に寝ている人の足が、あなたの目の前にあったら、嫌じゃないですか?

つまりそういうことです。

 

お札に足を向けて寝る事は悪いことなのかまとめ

方位学、風水などでも、就寝時方角を気にされる方は確かにいます。

でも、第一には、神棚のお部屋で眠るときには、

お札、神様に失礼にならないようにというのが、

あなたや、家族にとって意味のある作法と考えます。

 

関連記事:金運護符

スポンサーリンク

-お札
-

執筆者: