神棚には何も置かない?それとも何も置かないことがタブーなのかな?

2022年3月13日

Advertisements

 

神棚には何も置かないということは、

神棚の管理をしていないということ。

 

これは非常にまずい状況です。

神棚を空にして放置することはタブーな行為です。

 

神棚は神様の代わりになるお札が置かれている場所です。

つまり、神棚を空にして、

放置することは、

空になっているからと言って、

よからぬものが入ってしまうことがあります。

なので、非常に危険です。

 

関連記事:神棚をほったらかしにするのはタブーなのかな?!

 

神棚には何も置かない?なんでも置いていいの?

Advertisements

神棚は、しめ縄を境に、

この世と神様の世界を切り分けています。

 

なんでも、置いてよいわけではなく、

例えば、神棚にお願いして、

願いが叶ったときには、

その結果となる賞状とかは良いですが、

長時間は置きっぱなしにはしないようにしましょう。

 

また、毎月かかるお金、

Advertisements

すなわち、請求書や納品書などを置いて、

このくらいかかるのでお力添えをとお願いすることがあります。

 

早急な緊急度による、

やむをえずのお願いする場合にはあるのかもしれません。

 

でも、考えてみてください。

神社やお寺に、そのようなもの(悪い意味ではなく)を

置いているのは見たことがありませんね。

 

出来るだけ、置かないほうが良いでしょう。

 

置くのは、住んでいる地域の神社からいただいたお札を

1年周期で取り換えてお祀りすることです。

 

関連商品:金運護符月花殿

 

神棚には何も置かない?まとめ

Advertisements

神棚には、お住いの地域での神社から、

お札をいただいて、

ご自宅の神社にお祀りしましょう。

 

お家によっては、複数神棚があるお家もあるでしょう。

 

空にした神棚を置かずに、

使わない神棚は神社にお願いして、処分していただきましょう。

 

関連商品:神棚一覧

 

関連記事:【厳重注意】神棚を粗末にすると、神様も粗末に扱っていることになる?!

 

 

Advertisements
Advertisements