こたつのフラットヒーターで火事になることがあるの?火事にならないためには?!

Advertisements

こたつのフラットヒーターで火事になることがあるの?

 

フラットシーターは、電気で温めるこたつなので、

電気を使う限り、火事にならないと言い切れるとはありません。

「コタツの毛布を中に強く押し込んでしまい、毛布が焦げてしまった」と、

情報公開してくれた方がいます。

 

とても恐怖だったと思います。

 

この教訓を忘れずに、フラットヒーターと言えども、

フラットヒーターとぴったりと密着した状態で、

長時間加熱すれば、今回のような事例が起こりえます。

 

何もフラットヒーターだけに限ったことではありません。

石英タイプでも、ハロゲンタイプでも、これら以外でも、

電気を使っている限り火事が発生する可能性はあります。

 

関連記事:こたつヒーターの種類は?

 

こたつのフラットヒーターで火事になりにくくする方法は?

Advertisements

 

フラットヒーターで、安全装置が付いているのが理想でしょう。

Advertisements

 

人感センサーが付いていると、

センサーに反応しているときだけ、温めるとか。

 

節電にも有効です。

 

不安であれば、これのように、

温かさが強くなく、じんわりと感じるレベルの

フラットヒーターがおススメです。

関連商品:
人感センサー搭載テーブルカーボンヒーター

 

また、タイマーで強制的に停止するものであれば、

こたつで眠ってしまっても、

安全性は増すでしょう。

 

例えば、クレオ工業 テーブルヒーターなどは、

3時間タイマー付きで省エネ機能。

グネット式で消し忘れ防止タイマー搭載。

 

安さだけで購入を決めるのは危険ですよね。

Advertisements
Advertisements