神棚の榊交換は男性がやること?女性がやること?タブーはどっち?!

Advertisements

神棚の榊は、神棚を中央にして、

左右に立てている、葉っぱのことを言います。

 

この榊は男性が交換するもの、

というしきたりがある地域があるらしいのですが、

基本的には女性の日以外であれば、

女性が榊交換しても問題ありません。

 

神棚を管理するときは、

血を避けることをおススメします。

 

これは、榊だけではなく、

お水、お米、お塩の交換の時も同じ考え方です。

 

関連記事:神棚の前で寝ることはタブーですか?

 

神棚の管理を女性がやってもいいのかな?

Advertisements

 

神棚の管理を主婦がやることもあると思いますが、

女性の日を避ければ、女性が、

お水、お米、お塩の交換など、

管理を行っても問題ありません。

 

神様は、血を嫌うので、

その日は、旦那さんにお願いするのが一番です。

Advertisements

 

あとから、不運が起こった時に、

あの時に・・・となるのも、

嫌な気持ちになるので、

事情を説明しつつ、

旦那さんにやってもらうようにしましょう。

 

旦那さんがいないときは、

お子さんやおじいちゃんとか。

 

だれも代わりがいないときは、

神棚の管理をしないことです。

 

神様は分かってくれます。

 

 

神棚の榊交換は男性がやること?まとめ

Advertisements

 

神棚の榊交換は男性がやることについては、

女性でも問題ありません。

 

意味としては、血を避けるようにして、

女性の日には、男性にやってもらう、

もしくは、女性の日でない別の方。

 

お子さんやおじいちんとか、

別の人にやってもらいましょう。

 

関連商品:月花殿の「護符一覧」

 

 

Advertisements
Advertisements